主な症状は、くしゃみ・鼻水・鼻つまりです。アレルゲン(アレルギーを引き起こすもの)が鼻の粘膜に触れると、身体ではそれを異物と認識して、排除しようとします。普通の人では異物でなくても、アレルギーのある人では異物と認識してしまうのです。その排除の仕方が、アレルギー症状となって出てきます。くしゃみは異物を掃き出し、鼻水で異物を洗い流し、鼻つまりで異物の進入を防ぐのです。

一年中症状のあるものは、ダニやハウスダストに原因のある通年性アレルギーとよばれるもので、気管支喘息やアトピー性皮膚炎を合併することがあります。

一方、花粉が原因で起こるものは花粉症とよばれています。日本人ではスギ花粉が原因の人が多く、国民の5人に1人は花粉症で、国民病とまで言われています。スギは2~4月、ヒノキは3~5月、カモガヤは5~7月、ブタクサ、ヨモギは8~10月と、花粉症の原因も様々です。 診断は血液検査で、血液中の抗原に対するIgE抗体を調べれば何にどの位の強さのアレルギーがあるかが分かります。結果が出るまで、1週間程かかります。

*当院では指の先から数滴血を採り、20分後に結果が出るアレルギーの検査(イムノキャップラピッド)も行っています。

アレルギー性鼻炎の治療

アレルギー性鼻炎の治療には、大きく3つの治療法があります。
①薬を内服する。②体質を改善する(減感作療法)。③手術的に腫れた鼻粘膜を切除する。
それぞれの治療には、利点、欠点がありますので、それぞれ説明します。

1抗アレルギー薬を内服する

利点
  • 薬が効けば楽になるため、手っ取り早く良くなります。
  • 昔のアレルギーの薬に比べると最近の薬は、眠気の副作用が少なく、しかもある程度高い効果を出す薬が出ています。
欠点
  • 症状がひどい方には薬だけでは完全に症状を抑えることは難しいです。強い薬を出すと、薬の副作用である眠気が出てくる可能性が高くなります。

2体質を改善する(減感作療法)

*当院ではスギとダニの減感作を行っています。皮下注射で行う方法と、舌下に薬剤を数分保持してから飲み込む方法の2種類が選択できます。

利点
  • 体質が完全に変わればアレルギーに悩まされることはなくなります。唯一アレルギーを完全に治す可能性のある治療です。完全に体質が変わる人は約2割、あとの5割の方は、体質は完全には変わりませんが、薬の量を減らせたり、アレルギー症状が出にくくなります。しかし、まったく効かない方も3割います。今の医学では、どの方が減感作療法無効かを、事前に検査することはできません。一般に、大人よりも小児の方が有効と言われています。
皮下注射の欠点
  • 外来でその人にとってのアレルギーの元(スギやハウスダスト)を腕に注射し、その量や濃度を少しずつ増やしていく治療です。そのため、注射の時少し痛いです。
  • その人にとってのアレルギーの元を直接注射するので、最悪の場合、急に血圧が低下したり、呼吸ができなくなったり、といったショック症状(アナフィラキシーショック)を起こすことがあります。
  • 治療の全工程に約3年かかります。最初の2ヶ月は週に2回、次の2ヶ月は週1回、次の2ヶ月は2週間に1回、あとの2年は月に1回の通院が必要となり、根気がいります。すぐに効果が出てきませんので、途中で諦めないことです。
舌下の欠点
  • 注射と異なり痛くはなく、頻回の通院も必要ありませんが、最低3年間は毎日内服する必要があります。注射よりもアナフィラキシーショックを起こしにくいです。

3手術的に腫れた鼻粘膜を切除する

*当院ではアルゴンプラズマによる鼻粘膜焼灼術を行っています。

アルゴンプラズマ
利点
  • 薬が効きづらかったり、内服で眠気ばかり出てしまって困っている方でも手術すれば鼻つまりが軽減します。当院で行っているアルゴンプラズマは、レーザーと異なり、5分で終わるため、痛みや出血は少ないです。ただし、実際に手術をしている時間は5分ですが、麻酔のガーゼを鼻内に20分入れてから5分で手術、その後出血してないか確認するのに20分かかるため、全工程約1時間かかります。
欠点
  • 薬と同じで、一生もつ訳ではなく、アレルギーの強さにもよりますが、アレルギーの強い方はもっても2~3年、場合によってはそのシーズンだけでしか効果が持続しないことがあります。しかし、何度手術しても悪くはないので、再手術することは可能です。
  • 手術後、4~5日は鼻が逆にひどくなります。手術した鼻内にかさぶたが付くため、くしゃみ、鼻水、鼻つまり、が手術前より一時的に悪化します。それを過ぎると徐々に良くなっていき、約1ヵ月で鼻はかなり楽になります。
  • 鼻つまりはよくなります。しかし、体質を変える手術ではありませんので、くしゃみ、鼻水は半分位になりますが、完全に止まるわけではありません。
  • *鼻内のかさぶたを取る処置に週1回 合計4回通っていただく必要があります。

APC新規実施数(2020年12月31日まで)

4舌下免疫療法

アレルギー症状を引き起こす原因物質であるアレルゲンを少量からはじめ、その後長期にわたり一定量を服用することで、身体をアレルゲンに慣らし症状を抑え、アレルギー体質を徐々に改善していく治療法です。
約3年を目安に毎日服用することが必要となります。

適応となる要件
  • 舌下に薬剤を1〜2分保持できる方
  • 血液検査でハウスダストまたはスギ花粉に対するアレルギーが証明されている方
  • 月に1回程度の受診ができる方
副作用について

安全性は高いとされていますが、以下の副作用が起こる事があります。

  • 口の中のかゆみ、腫れ
  • 喘息発作
  • アナフィラキシーショック(じんましん、かゆみ、くちびるの腫れ、呼吸困難、血圧低下、意識障害などの重度のアレルギー症状)

治療可能かどうか問診と検査で判断し、必要な説明を受けていただいた上で開始となります。
スギの舌下減感作の治療は、スギ花粉の飛散時期(2月から4月)は開始することができませんのでご注意ください。
1回目の投与は必ず医院で行い、投与後30分は必ず医院に留まっていただき、副作用が現れないか様子をみます。このため治療希望の際は時間に余裕をもってご来院下さい。

舌下治療新規実施数(2020年12月31日まで)

5ゾレア

鼻水・鼻づまり・くしゃみ・目のかゆみなどの症状を引き起こすアレルギー反応のおおもとであるIgEとマスト細胞を結合できなくすることで症状を強力に抑えることができる注射薬です。

ゾレアを受けることができる条件
  • 重症または最重症の季節性アレルギー性鼻炎(花粉症)で、前スギ花粉シーズンでも重篤な症状があった(過去の治療内容や症状により判断されます)。
  • スギ花粉症のアレルギー検査結果(血液検査)が陽性(特異的IgE抗体がクラス3以上)。
  • 季節性アレルギー性鼻炎の既存治療を1週間以上行い効果が不十分。
  • 12歳以上で、血清中総IgE濃度が30~1,500IU/ml、体重が20~150㎏の範囲にある。

※妊娠中又は授乳中の方は、医師に相談が必要です。

※IgE濃度が高すぎる方は投与量が増えすぎるので投与できません。

※体重がより重い方は総IgE濃度が1,500IU/ml以下でも必要投与が限界量を超えてしまい投与不可となることもあります。

程度および重症度 くしゃみ発作または鼻漏

21回以上

11〜20回

6〜10回

1〜5回

+未満

++++ 1日中完全につまっている 最重症
+++ 鼻閉が非常に強く口呼吸が1日のうちかなりの時間ある   重症
++ 鼻閉が強く口呼吸が1日のうちときどきある     中等症
口呼吸は全くないが鼻閉あり       軽症
鼻閉なし         無症状

hajimete-xolair.jp

ゾレアを始めるにあたっての流れ

始めるまでに3~4回来院していただく必要があります。スギ花粉が飛ぶ2~4月に投与する治療ですので、花粉の本格飛散が始まる前に早めに受診されることをおすすめします。

スケジュール例

  1. 〇1回目受診
    重症花粉症と診断(鼻水・鼻づまり・くしゃみなどの症状の程度をみて医師が診断)
    特異的IgE抗体検査(これまでに未実施の場合)
    既存治療を開始(抗ヒスタミン薬・点鼻薬等)
  2. 〇2回目受診
    既存治療で効果不十分なスギ花粉症であると診断
    総IgE濃度検査(未実施の場合)
  3. ゾレアの投与量、投与間隔、自己負担額、開始日の決定(発注してから2日ほどかかります)
  4. ゾレア投与(経過確認の為、初回のみ投与後15分院内で待機)
  5. スギ花粉症シーズン中(概ね2~4月)に、2週間または4週間毎に投与(投与間隔は血清中総IgE濃度および体重に基づき決定されるため患者さんごとに異なります)
費用について

薬剤費のみで1ヶ月あたり、3割負担で約4,500~70,000円です(血清中総IgE濃度および体重に基づき異なります)。自治体によってはこども医療費などの医療費制度が受けられます。また、ゾレアに関する治療費について高額療養費制度が受けられる場合があります。
薬剤費や高額療養費制度について詳しくはhajimete-xolair.jpのページをご覧ください。

副作用
  • 注射部位の赤みや腫れ
  • アナフィラキシー(呼吸困難、蕁麻疹、全身のかゆみ、失神、唇・舌・喉の奥の腫れ・血圧低下)