臭いが分からなくなる原因としては大きく分けて2つあり、一つは臭いの神経自体がウイルスや加齢により障害されて臭わなくなる場合と、もう一つは慢性副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎があり、臭いの通り道が塞がって臭わなくなる場合があります。他にはその二つが混合している場合や、外傷や血液内の亜鉛が不足してなることもあります。まずは何故臭わなくなったのかを検査して、原因が分かればその治療をすることになります。

検査は、まずは静脈注射でにおいの元を注射して臭うかどうかの検査や、実際に5種類のにおいを嗅いでいただき、臭うかどうかの検査などがあります。他にも、慢性副鼻腔炎が疑われる場合は副鼻腔CT検査、亜鉛が不足しているかどうかは血液検査にて調べます。

そして、原因となっている病気の治療になります。慢性副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎であればその治療、神経自体の障害であればその治療、亜鉛不足であればその治療になります。嗅覚障害の一番有効な治療はステロイドの点鼻薬になります。鼻の穴を天井に向けるように仰け反って点鼻薬を垂らすのですが、喉に多少液が流れ込みます。

慢性副鼻腔炎(蓄膿症)

CT

鼻洗浄器

慢性の細菌感染のために黄色い鼻水がたくさん出てきて、のどにまわると痰が増えてきます。こじれると頬・前頭部・上歯・目の奥・眉間などが痛くなります。さらに悪化すると、副鼻腔の粘膜がポリープ状に腫れて、それが副鼻腔に収まりきれずに鼻腔に出てくると、鼻茸と呼ばれるポリープが充満して、鼻がつまるようになります。長期間、副鼻腔炎が続くと慢性気管支炎、喘息などの呼吸器疾患の原因になります。

検査は、ひどい場合には鼻を見れば分かりますが、軽い場合や重症度をしっかり見るのにはレントゲン検査やCT検査で副鼻腔の陰影をみれば分かります。

鼻茸が大きい場合は、手術になることが多いです。昔は、上の歯肉を切って副鼻腔の手術を行っていましたが、その場合は術後頬が非常に腫れたり、頬のしびれが残ったりと患者様への負担は大きいものでした。現在は内視鏡により、鼻の穴の中から手術が可能となったため、術後頬が腫れたりすることはなくなりました。
鼻茸が小さい場合や、ない場合は内服薬で治るようになってきました。薬はマクロライドという抗生物質を少量で長期間内服するようになります。その他、去痰剤やアレルギー性鼻炎が合併していれば抗アレルギー剤を併用します。
急性増悪のときには頬が痛くなることがあります。かなり痛い場合でも、最近は内服のみで良くなることが多いです。また、妊婦の方や、授乳中で内服をあまりできない方は、鼻を鼻洗浄器で洗い、自宅で出来るネブライザーをお貸しし、治療致します。